全国町村会

茨城大と茨城町 「つと豆腐」次世代へ 作り方紹介、パンフ制作

茨城県茨城町
つと豆腐

茨城県茨城町に伝わる郷土料理「つと豆腐」の作り方やレシピを紹介するパンフレット「いばらきまちで暮らす 郷土料理“つと豆腐”deひとしな」が完成した。調査研究を進めていた茨城大が制作し、町が3千部発行した。ゆでた豆腐をわらづとで包んで水分を絞り、しょうゆで煮詰めた料理。口にする機会が減っていることから、同大や町担当者は「次世代に残すきっかけになれば」と期待する。

■わらの入手困難

「つと豆腐」は同町で主に正月や冠婚葬祭の「ごちそう」として提供されてきたが、自宅で冠婚葬祭する機会が激減。わらの入手も困難なことから、消滅する恐れがあった。

パンフは、わらづとを使った伝統的な製造方法を紹介したほか、電子レンジを使った簡単な作り方を説明。串揚げやオードブルのレシピも提案した。

パンフ作りは、同大の石島恵美子准教授(調理学)(50)らの研究活動ががきっかけ。2014年に県内の郷土料理の調査を始めた際、JA女性部に作ってもらった郷土料理の中に「つと豆腐」を発見、焦点を当てることを決めた。

同大大学院の実践演習の場として茨城町を選び、調査を開始。町やNPO、県立茨城東高と連携し、インタビューによる調査や試食会、産業祭への出店を行ってきた。16年3月には同大と町が連携協定を締結し、「つと豆腐」を戦略的プロジェクトに選んだ。

■知っている37%

同大が15年10月に行った町民千人のアンケート結果(有効回答313人)によると、「つと豆腐」の存在を知る人は37%だった。50歳以上が47%だが、50歳未満は22%にとどまった。

若い世代で知らない人が多い点について、石島准教授は「昭和50年代以降に葬祭場の普及拡大が進み、葬式を自宅でする人が減った。このため、食べる機会も失われた。稲わらが簡単に入手できないのも要因」と分析。「わらを絞るにも腕力が必要なため、高齢者にとって厳しい作業だ」と指摘する。石島准教授の調べでは、同様の料理は全国で約20カ所。県内では茨城町や鉾田市、常陸大宮市で確認された。

手作りみそを製造販売する「ひまわり工房」(同町)の山口成子さん(63)が石島准教授の提案を受け、昨年から「つと豆腐」を商品化。真空パックで消費期限を延ばすことに成功した。JA水戸の農産物直売所「さくら」や「グリーンハウスひぬま」で販売している。

パンフは茨城町役場や茨城大水戸キャンパスで配布。町HPでPDF版を見ることができる。

(2017/05/21 (茨城新聞)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
富士とコスモス競演New! 山梨県忍野村
世界遺産?いいえ「世間遺産」 地域のシンボル、11件認定New! 栃木県益子町
自然の中、アートを堪能 かみこあにプロジェクト開幕秋田県上小阿仁村
6月25日、藤崎町グルメの頂点競うイベント青森県藤崎町
コラム
食料自給率が問いかけるNew!
 結城 登美雄
観光の効果・効用と地域振興〜観光はまちづくりの総仕上げ
 梅川 智也
地域イベントの経営学
 橋立 達夫
ありせば・なかりせば
 生源寺 眞一
町村Navi
沖縄県北谷町/進学支援に給付型奨学金導入New!
大阪府岬町/観光振興に旅客船で社会実験New!
長野県朝日村/村産材を活用した木造新庁舎を建設New!
栃木県那珂川町/生ごみ分別で地域通貨「土の恵」発行New!
青森県三戸町/「11ぴきのねこ」ご当地ナンバー対応車種拡大New!  
熊本県南阿蘇村/被災後の転作支援に補助制度導入