全国町村会

浪江に新交流拠点 「まち・なみ・まるしぇ」オープン

福島県浪江町

東京電力福島第一原発事故で全町避難が続く福島県浪江町の町役場敷地内に27日、仮設商店街「まち・なみ・まるしぇ」がオープンした。避難指示解除に向け11月に始まる準備宿泊を前に、住民交流の新たな拠点が誕生した。

町が整備し、小売り、飲食、サービスの各業種から10店舗が入居した。28日に営業を始める。

オープニング記念式典が行われ、馬場有町長が「帰ってきた町民が集い、食事や買い物できる場所ができた。復興に向けたシンボルとなった」と述べた。町仮設商業共同店舗施設管理協議会の阿久津雅信会長=浪江焼麺太国(やきそばたいこく)アンテナショップ店長=が「力を合わせて町のにぎわいを取り戻していく」と誓った。

馬場町長や高木陽介政府原子力災害現地対策本部長(経済産業副大臣)らがテープカットし、オープンを祝った。内覧会も開かれた。

入居店は次の通り。

せんたく じゃぶじゃぶ hope one group(クリーニング取り次ぎ、コインランドリー)海鮮和食処 くろさか(すし、和食、定食など) リラクア(雑貨、飲料など)浪江焼麺太国アンテナショップ(なみえ焼そば、各地のB−1認定商品など)ウォッシュキャンプ浪江(コインランドリー) カフェ コスモス(喫茶店)キッチン・グランマ(定食、弁当など)ミッセなみえ(町の名産品、季節商品など)渡辺政雄家具店ホームセンター部(金物、ホームセンター用品など) ローソンS 浪江町まち・なみ・まるしぇ店(生鮮食品・弁当など)

(2016/10/28 (福島民報)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
三原村でユズの集荷がピーク “黄色い山”次々と高知県三原村
富士とコスモス競演山梨県忍野村
世界遺産?いいえ「世間遺産」 地域のシンボル、11件認定栃木県益子町
自然の中、アートを堪能 かみこあにプロジェクト開幕秋田県上小阿仁村
コラム
「不易流行」と観光New!
 梅川 智也
『実践力とチームワーク』
 生源寺 眞一
『田舎ぐらしの7ヶ条』
 橋立 達夫
物語が生まれてこそ
 松本 克夫
町村Navi
大分県玖珠町/障がい者が働くカフェ・レストランを整備New!
高知県日高村/オムライスをテーマに絵本コンクール開催New!
栃木県那須町/AR活用で誘客促進対策New!
青森県中泊町/マイナンバーカード普及に自治体ポイント活用New!
北海道羅臼町/東大の研究センターと海洋教育に関する協定New!  
鹿児島県和泊町/母子手帳アプリの配信開始