全国町村会

山里のアジサイ見に来て 越知町日ノ浦地区で見頃

高知県越知町

高知県高岡郡越知町鎌井田の日ノ浦地区で、山里に咲くアジサイが見頃を迎えている。高齢化や人口減で、毎年花の咲く時季に開いてきた「あじさいまつり」は2015年から中止となったものの、 関係者は「花は見事に咲いている。ぜひ山里に足を運んで」と呼び掛けている。

日ノ浦地区は越知町中心部から車で40分ほどの山間部にある。1960年ごろ、約150人だった人口は過疎・高齢化で急激に減少した。50人を割った1995年ごろ、 住民らが公民館周辺にアジサイを植えたのをきっかけに、 地区に至る道路沿いに少しずつ植栽。ふもとの旧黒石小学校までの約10キロに約2万株を植えた。

「日ノ浦あじさい街道」として有名になり、2005年からは10年連続で公民館近くで「まつり」を開催してきた。しかし、人口が20人台となり、2015年は担い手不足などでイベントを断念し、 2016年も開けなかった。

植栽などを中心的に行ってきた武智五郎さん(82)は「地域の人だけでは、 イベントができんなった」と唇をかんだが、「花は毎年咲くし、日ノ浦がなくなったわけじゃない」と2016年も花の世話にいそしんでいる。

山里の魅力を広めようと、協力者も現れた。越知町地域おこし協力隊員、村田弘毅さん(48)がPR方法を模索し、2015年、高知工科大サイクリング部に呼び掛け、日ノ浦へのツアーを企画した。 2016年も部員20人が訪れた。

部長の岡本大さん(21)は「アジサイをはじめ、自然が美しい場所。去年の充実感があったから今年も来た」。他の部員も色とりどりに咲く花に感動した様子で写真を撮っていた。

武智さんは「人が来てくれれば、地域もにぎやかになる。アジサイの美しさは絶やさぬようにしたい」と力を込めた。

(2016/06/14 (高知新聞)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
三原村でユズの集荷がピーク “黄色い山”次々と高知県三原村
富士とコスモス競演山梨県忍野村
世界遺産?いいえ「世間遺産」 地域のシンボル、11件認定栃木県益子町
自然の中、アートを堪能 かみこあにプロジェクト開幕秋田県上小阿仁村
コラム
「不易流行」と観光New!
 梅川 智也
『実践力とチームワーク』
 生源寺 眞一
『田舎ぐらしの7ヶ条』
 橋立 達夫
物語が生まれてこそ
 松本 克夫
町村Navi
大分県玖珠町/障がい者が働くカフェ・レストランを整備New!
高知県日高村/オムライスをテーマに絵本コンクール開催New!
栃木県那須町/AR活用で誘客促進対策New!
青森県中泊町/マイナンバーカード普及に自治体ポイント活用New!
北海道羅臼町/東大の研究センターと海洋教育に関する協定New!  
鹿児島県和泊町/母子手帳アプリの配信開始