全国町村会

禅の里HPで魅力発信 永平寺町 まちづくり実行委が作成

福井県永平寺町
  

福井県永平寺町の「禅の里」まちづくり実行委員会は、曹洞宗大本山永平寺や門前町の魅力を発信するホームページ(HP)「禅の里永平寺へようこそ」 ( http://zen-eiheiji.jp ) をこのほど作成し、17日から公開する。「禅の里」の歴史や見どころ、観光情報を一元化し、 携帯電話やスマートホンにも対応。実行委は「門前の散策にも活用してほしい」と話している。

実行委は本山と門前観光協会、町、地元区などで構成。観光交流・地域活性化を目指し、文化庁の補助を受けて2011年度から3カ年で、 まちづくり事業に取り組んでいる。

HPは情報発信事業の一環として作成。門前で土産店を営む中村勝実さん(64)ら実行委メンバー3人が、業者と相談しながら昨夏から作業を進めてきた。

門前町の歴史や見どころ、店舗紹介やマップをはじめ、本山の歴史や伽藍(がらん)の解説、四季の表情、各種イベント情報など多彩な内容になっている。 門前町のページには、かつて門前が永平寺川を隔てて大工村と百姓村に分かれ、大工村には社寺を専門とした宮大工たちが住んでいた歴史を紹介。 観光スポットとして街中に点在する歌碑や史跡を、写真入りで紹介している。

中村さんは、これまでにも本山の許可を得て個人的に、1996年にHPを作成。「史跡の場所など問い合わせが結構ある」という。 アクセス数は現在までに268万件を超えており、禅の里への関心は高い。

新たなHPに中村さんは「携帯やスマホ対応なので、手軽に門前の散策を楽しんでほしい。本山はもちろん、この地域全体が活性化してくれれば」と期待を寄せる。

情報発信事業ではHPのほか、スマホ向けのアプリも開発した。門前のエリア内で観光スポットまで案内したり、チェックポイント周辺を撮影すると クイズが出題されて散策しながら楽しめる。2月22日の「冬の燈籠まつり」からサービスを開始する。

(2013/01/16 (福井新聞)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
富士とコスモス競演New! 山梨県忍野村
世界遺産?いいえ「世間遺産」 地域のシンボル、11件認定New! 栃木県益子町
自然の中、アートを堪能 かみこあにプロジェクト開幕秋田県上小阿仁村
6月25日、藤崎町グルメの頂点競うイベント青森県藤崎町
コラム
食料自給率が問いかけるNew!
 結城 登美雄
観光の効果・効用と地域振興〜観光はまちづくりの総仕上げ
 梅川 智也
地域イベントの経営学
 橋立 達夫
ありせば・なかりせば
 生源寺 眞一
町村Navi
沖縄県北谷町/進学支援に給付型奨学金導入New!
大阪府岬町/観光振興に旅客船で社会実験New!
長野県朝日村/村産材を活用した木造新庁舎を建設New!
栃木県那珂川町/生ごみ分別で地域通貨「土の恵」発行New!
青森県三戸町/「11ぴきのねこ」ご当地ナンバー対応車種拡大New!  
熊本県南阿蘇村/被災後の転作支援に補助制度導入