全国町村会

特産クレソン使い土産品 道志村、ギョーザなど商品化

山梨県道志村
  

道志村100%出資の株式会社どうし(社長・大田昌博村長)と村は、村特産の豚やクレソンを使ったギョーザとシューマイを共同で考案、同社が販売を始めた。

同社と村産業振興課が、特産の道志ポークとクレソンを生かし、手軽に食べられる新しい土産品を作ろうと企画。よく脂が乗り肉質が良い道志ポークをふんだんに使い、 クレソンの風味でアクセントを利かせたギョーザとシューマイに仕上げた=写真。パッケージに詰めて、「道の駅どうし」で販売している。ギョーザは8個入り700円、 シューマイは10個入り850円。

今後は村内の飲食店や宿泊施設にも販売を呼び掛け、村の特産品PRにつなげたい考え。また、同じ材料を使ったちまきの商品化も進め、道の駅に併設されたレストラン 「手づくりキッチン」で販売する。

商品化を担当した道の駅職員の柏村承徳さん(34)は、「道志の特産をたくさんの人に味わってほしい」と話している。

(2013/01/07 (山梨日日新聞)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
富士とコスモス競演New! 山梨県忍野村
世界遺産?いいえ「世間遺産」 地域のシンボル、11件認定New! 栃木県益子町
自然の中、アートを堪能 かみこあにプロジェクト開幕秋田県上小阿仁村
6月25日、藤崎町グルメの頂点競うイベント青森県藤崎町
コラム
食料自給率が問いかけるNew!
 結城 登美雄
観光の効果・効用と地域振興〜観光はまちづくりの総仕上げ
 梅川 智也
地域イベントの経営学
 橋立 達夫
ありせば・なかりせば
 生源寺 眞一
町村Navi
沖縄県北谷町/進学支援に給付型奨学金導入New!
大阪府岬町/観光振興に旅客船で社会実験New!
長野県朝日村/村産材を活用した木造新庁舎を建設New!
栃木県那珂川町/生ごみ分別で地域通貨「土の恵」発行New!
青森県三戸町/「11ぴきのねこ」ご当地ナンバー対応車種拡大New!  
熊本県南阿蘇村/被災後の転作支援に補助制度導入