全国町村会

水産・観光交流に新拠点 洋野町が開発複合施設建設へ

岩手県洋野町
  

岩手県洋野町は津波で被災した同町種市の種市ふるさと物産館跡地に、水産物加工開発複合施設を建設、6月のオープンを目指す。海産物の直売所や加工品開発のための実習室、 地元水産業に関連した展示ができるスペースなどを設置。新たな水産・観光交流の拠点として、復興の推進役を担う。

施設は同物産館と、隣接するウニ等高度加工研修センター跡地の町有地に建設。津波からの避難も想定した鉄筋コンクリート造りの4階建てで、延べ床面積約950平方メートル。 外観デザインは客船をイメージした。

1階には水槽を備えた直売所や加工場、遊漁船の案内所を設置。2階には体験交流に使える研修室や食品加工実習室を設ける。資料展示ホールでは、南部もぐりなど 町の水産業を紹介する計画だ。

3階は軽食コーナーのほか、大野地域の特産品なども含めた物産品展示販売スペースを設ける。4階の展望デッキからは種市海浜公園一帯を見渡せる。 屋上に太陽光発電パネルを置き、消費電力の一部を賄う。総事業費約3億5千万円で、国の復興交付金事業を活用。今後、施設の運営体制や愛称を検討していく。

2階建ての同物産館は2011年3月の津波で全壊。ウニや天然ホヤなど豊かな水産資源を持つ同町の海の魅力を発信できる新たな観光施設への期待は大きい。

町水産商工課の長坂敦夫課長は「観光の目玉だった施設を複合施設として復活させ、観光や漁業の振興につなげたい。町の復興を象徴する施設にもなる」と期待を込める。

(2013/01/04 (岩手日報)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
三原村でユズの集荷がピーク “黄色い山”次々とNew! 高知県三原村
富士とコスモス競演山梨県忍野村
世界遺産?いいえ「世間遺産」 地域のシンボル、11件認定栃木県益子町
自然の中、アートを堪能 かみこあにプロジェクト開幕秋田県上小阿仁村
コラム
地域小にして成り立つ民主政New!
 大森 彌
地域主義と田園回帰
 大江 正章
サラブレッドの故郷をつなぐ
 青山 佳世
「婚活」支援
 沼尾 波子
町村Navi
福岡県岡垣町/緊急情報等の戸別受信機を町内全戸に設置New!
高知県中土佐町/災害対策に全職員の救急員資格取得目指すNew!
京都府精華町/住民主体の健康づくりプロジェクト推進中New!
山梨県身延町/町特産「あけぼの大豆」加工所に廃校舎活用New!
秋田県藤里町/移住・定住の支援事業を展開New!  
熊本県芦北町/ボルダリング普及で地域経済活性化