全国町村会

映画の古民家にファン続々 善意で開放、富山・上市

富山県上市町

今夏に公開されたアニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」で、主人公の親子が暮らす家のモデルとなった富山県上市町の古民家にファンが続々と訪れている。 所有者の山崎正美(やまざき・まさみ)さん(71)夫妻が「町を好きになってほしい」と善意で室内を開放。訪れる人を温かく迎えている。

上市町中心部から約7キロ離れた山中で、木々の間にひっそりとたたずむ瓦ぶきの建物。「この縁側から主人公が雪面に飛び込んだんですよ」。 映画と同じ光景を前に、山崎さんが教えてくれた。

300万人以上を動員する大ヒットとなった映画は、同町出身の細田守(ほそだ・まもる)監督が親子の絆を描いた作品だ。女子大生の花(はな)は、 好きになった彼が人間の姿をした「おおかみおとこ」と知りながら一緒に暮らし始める。やがて人間とオオカミの二つの顔を持つ子ども 「雨(あめ)」と「雪(ゆき)」を授かるが、彼は突然亡くなってしまう。残された3人が逆境を乗り越え、 さまざまな人の支えの中で生き方を模索する姿が感動を呼んだ。

作中で、3人が都会から移り住む家のモデルとなったのが山崎さんの古民家だ。築120年以上で、屋根裏を含めた延べ床面積は約150坪。 約8年前に妻和子(よりこ)さん(65)の父親が他界した後、登山客らの休憩場所として開放し、利用者にメッセージを残してもらおうとノートを置いた。

そのノートに書き込みをした一人が細田監督だ。約2年前、偶然立ち寄った故郷のこの家に一目ぼれ。ここで育った和子さんに暮らしぶりを聞き、 建物が持つ雰囲気もリアルに映画で再現した。

これまで訪れたファンの数は3千人超に。週末など1日に100人以上が訪れる日もあるが、山崎さん夫妻は近くの自宅から駆け付けておにぎりを振る舞うなど、 できる限りのもてなしをしている。備え付けのノートは「映画の場面を思い出して感動した」などの感想でびっしりだ。

「映画を通じて多くの人と交流できるようになった。良い思い出をつくって帰ってほしい」と山崎さん。 上市町観光協会は車の混雑を避けるため麓の駐車場から徒歩で向かうよう呼び掛けている。作品は現在も一部映画館で公開中。

(2012/10/11 (共同通信)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
富士とコスモス競演New! 山梨県忍野村
世界遺産?いいえ「世間遺産」 地域のシンボル、11件認定New! 栃木県益子町
自然の中、アートを堪能 かみこあにプロジェクト開幕秋田県上小阿仁村
6月25日、藤崎町グルメの頂点競うイベント青森県藤崎町
コラム
食料自給率が問いかけるNew!
 結城 登美雄
観光の効果・効用と地域振興〜観光はまちづくりの総仕上げ
 梅川 智也
地域イベントの経営学
 橋立 達夫
ありせば・なかりせば
 生源寺 眞一
町村Navi
沖縄県北谷町/進学支援に給付型奨学金導入New!
大阪府岬町/観光振興に旅客船で社会実験New!
長野県朝日村/村産材を活用した木造新庁舎を建設New!
栃木県那珂川町/生ごみ分別で地域通貨「土の恵」発行New!
青森県三戸町/「11ぴきのねこ」ご当地ナンバー対応車種拡大New!  
熊本県南阿蘇村/被災後の転作支援に補助制度導入