全国町村会

南西諸島の薬草で商品開発 伊仙町と阪大 セリ科「まぁざく」

鹿児島県伊仙町

鹿児島県大島郡伊仙町は、大阪大学などと連携し、南西諸島に自生するセリ科のボタンボウフウを生かした商品開発を進めている。 これまでの研究で分かってきた生活習慣病の予防やダイエット効果の実証に向け、7月からは町民50人によるモニター調査も開始。近くサプリメントを発売する。

ボタンボウフウは薬草として知られ、「長命草」とも呼ばれる。伊仙町の方言では「まぁざく」。台風や干ばつに強く、年間を通して収穫できるため、 町は付加価値化することで、新たな収益作物として栽培を広げたい考え。

現在は「まぁざく生産者会」30人が3ヘクタールで栽培。大阪大学の研究のほか、町出身者が経営する長寿食材研究所(東京都)が販売などで協力する。 これまで「長命草茶」としての商品化や、サプリのテスト販売もしている。

モニター調査では、太り気味の人などを対象にサプリを継続使用した場合の効果を検証。今後、本格的に発売するサプリは、 島内産サトウキビを原料とするオリゴ糖を混ぜたものと、ロイヤルゼリーやニンニク入りの2種類を予定している。

町内の畑では13日、「奄美農業」を学ぶ徳之島高校生24人と関係者が約150キロを収穫した。同研究所の佐平仁志社長(50)は 「成長のばらつきは多少あるが荒れ地でも育ち、機能性は十分。足元にある素材で島おこしにつなげたい」と話した。

(2012/7/20 (南日本新聞)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
富士とコスモス競演New! 山梨県忍野村
世界遺産?いいえ「世間遺産」 地域のシンボル、11件認定New! 栃木県益子町
自然の中、アートを堪能 かみこあにプロジェクト開幕秋田県上小阿仁村
6月25日、藤崎町グルメの頂点競うイベント青森県藤崎町
コラム
食料自給率が問いかけるNew!
 結城 登美雄
観光の効果・効用と地域振興〜観光はまちづくりの総仕上げ
 梅川 智也
地域イベントの経営学
 橋立 達夫
ありせば・なかりせば
 生源寺 眞一
町村Navi
沖縄県北谷町/進学支援に給付型奨学金導入New!
大阪府岬町/観光振興に旅客船で社会実験New!
長野県朝日村/村産材を活用した木造新庁舎を建設New!
栃木県那珂川町/生ごみ分別で地域通貨「土の恵」発行New!
青森県三戸町/「11ぴきのねこ」ご当地ナンバー対応車種拡大New!  
熊本県南阿蘇村/被災後の転作支援に補助制度導入