全国町村会

ホタテバーガー3連覇なるか 来月、ご当地グルメGP 7、8日、別海で 道内12の料理参加

北海道別海町

【別海】今年で3回目となる「新・ご当地グルメグランプリ北海道」(実行委員会主催)が7月7、8日に根室管内別海町で開かれる。 過去2回優勝の別海ジャンボホタテバーガーが地元で3連覇を狙うが、他チームも雪辱を期している。 

道内12の料理が参加。1食500円で提供し、来場者の投票でグランプリを決める。2連覇中の別海ジャンボホタテバーガー地域活性化協議会 は地の利を生かして秘策を練る。これまでは冷凍物を開催地に送っていたので、火の通りを良くするため厚さ約3センチの貝柱を半分に開いていた。 今回は地元で生を利用できるため、ホタテを丸のまま使用する。同協議会は「ジャンボホタテの肉厚さを味わってもらえます」。 

昨年2位の十勝清水牛玉ステーキ丼地域活性化協議会の吉田寛臣事務局長は「赤身たっぷりでヘルシーな十勝若牛の魅力を30人のスタッフで 引き出します」。昨年3位のオホーツク北見塩やきそば推進協議会の抜山嘉友副会長は「生産量日本一の、タマネギの甘さと香ばしさで 勝負したい」と意気込む。 

参加するご当地グルメの地元などで食券を前売り中。当日の会場は別海町農村広場。両日とも食券販売は午前9時〜午後3時、 料理提供は午前10時〜午後4時だが、売り切れ次第終了。問い合わせは実行委(電)090・3892・3169へ。 

ほかに参加するご当地グルメは次の通り。
美瑛カレーうどん、富良野オムカレー、南富良野エゾカツカレー、羽幌えびタコ焼き餃子、オホーツク網走ザンギ丼、 オホーツク干貝柱塩ラーメン、十勝芽室コーン炒飯、阿寒やきとり丼、根室さんまロール寿司  

(2012/6/21 (北海道新聞)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
富士とコスモス競演New! 山梨県忍野村
世界遺産?いいえ「世間遺産」 地域のシンボル、11件認定New! 栃木県益子町
自然の中、アートを堪能 かみこあにプロジェクト開幕秋田県上小阿仁村
6月25日、藤崎町グルメの頂点競うイベント青森県藤崎町
コラム
食料自給率が問いかけるNew!
 結城 登美雄
観光の効果・効用と地域振興〜観光はまちづくりの総仕上げ
 梅川 智也
地域イベントの経営学
 橋立 達夫
ありせば・なかりせば
 生源寺 眞一
町村Navi
沖縄県北谷町/進学支援に給付型奨学金導入New!
大阪府岬町/観光振興に旅客船で社会実験New!
長野県朝日村/村産材を活用した木造新庁舎を建設New!
栃木県那珂川町/生ごみ分別で地域通貨「土の恵」発行New!
青森県三戸町/「11ぴきのねこ」ご当地ナンバー対応車種拡大New!  
熊本県南阿蘇村/被災後の転作支援に補助制度導入