全国町村会

特産梅で6年ぶり醸造 立花ワイン 「香気強くさっぱり」

福岡県立花町

福岡県立花町などが出資する第三セクター醸造所「立花ワイン」(同町兼松、白山豊茂社長)は29日、同町特産の梅で6年ぶりに醸造した「梅ワイン」を瓶詰めした。

JAふくおか八女(八女市)によると同町の今季の梅の出荷量は約420トンと九州でも有数。梅ワインは2003年に一度作ったが、手作業で梅の種を取り除くなど、手間がかかることから醸造を中断していたが、「特産の梅のワインも飲みたい」との客の要望も多く、再醸造を決めた。

ワインは完熟梅約1.5トンを使用。梅は酸味が強く、通常より10日間ほど長い約50日間かけて発酵させ、仕上げた。白山社長によると「香気が強く、夏らしいさっぱりとした風味」という。

限定2,000本瓶詰めし、1本1,300円。工場横の物産館と、道の駅たちばな(同町下辺春)で販売中。立花ワイン=0943(37)1081。

(2009/07/30 西日本新聞)

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
中芸の魅力強力発信 2/11から「ゆずFeS」 日本遺産でイベントNew!高知県奈半利町・田野町・
安田町・北川村・馬路村
相良村でラブ深めよう バレンタインイベントPRNew!熊本県相良村
三原村でユズの集荷がピーク “黄色い山”次々と高知県三原村
富士とコスモス競演山梨県忍野村
コラム
日本的農泊の構築New!
 岡崎 昌之
未来志向の「ネットワーク型村づくり」
 榊田 みどり
海辺の希望
 結城 登美雄
「不易流行」と観光
 梅川 智也
町村Navi
鹿児島県錦江町/「お試しサテライトオフィス」第2弾募集New!
徳島県石井町/ふるさと納税で移動図書館車を新調New!
富山県朝日町/町営バスの利用者増で好調New!
埼玉県横瀬町/西武ライオンズと連携協定を締結New!
福島県浪江町/災害公営住宅に太陽光パネル設置New!  
大分県玖珠町/障がい者が働くカフェ・レストランを整備