全国町村会

大平町の魅力を網羅したガイドが完成

栃木県大平町

町出身で徳川第四代将軍家綱の生母・お楽の方や町の四季折々の姿を紹介する町の新たなガイドブックが完成した。観光振興を進める町民グループ「おおひらコンシェルジュ」が町の全面支援を得て製作。町役場や主要観光施設などで無料配布される。

町は2006年度から、町の観光振興を狙いに観光案内人育成を柱とする同コンシェルジュ制度を実施。研修終了者でつくる同コンシェルジュ歴史グループ4人が中心となりまとめた。

ガイドブックは「Oraku」と「ようこそ、いらっしゃい。Ohira」の2部構成で、A5判カラー32ページ。町が印刷代約40万円支出し、5千部印刷した。「Oraku」では、「お楽の方」のプロフィルや生涯、大奥の役割や生活ぶりなどを分かりやすくまとめている。お楽の方は農民の娘で大奥に上がり、徳川第3代将軍家光の側室として家綱を生んだ。太平山のふもとの太山寺には、お楽の方が植えたとされるシダレザクラがある。

「ようこそいらっしゃい。Ohira」では、サクラの名所・さくら通りや雪景色の大中寺など町の観光名所を、四季に分け写真やイラストで紹介。接客スポットの「まちの駅」や町ブランド認定品のニラ入りコロッケ「ニラコロ」などもPRしている。

同歴史グループは昨年7月から月2回程度会合を開き、作業をスタート。「お楽の方」を扱った著書などの資料収集から編集まで手弁当で取り組み、「町の魅力を分かりすく伝えられるよう」編集したという。同グループの田名網和夫さん(69)は「予想以上のいい出来となったと思う。観光客ら多くの人に活用してもらいたい」と話している。問い合わせは町企画財政課電話0282(43)9205。

(2009/05/25 下野新聞)

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
中芸の魅力強力発信 2/11から「ゆずFeS」 日本遺産でイベントNew!高知県奈半利町・田野町・
安田町・北川村・馬路村
相良村でラブ深めよう バレンタインイベントPRNew!熊本県相良村
三原村でユズの集荷がピーク “黄色い山”次々と高知県三原村
富士とコスモス競演山梨県忍野村
コラム
日本的農泊の構築New!
 岡崎 昌之
未来志向の「ネットワーク型村づくり」
 榊田 みどり
海辺の希望
 結城 登美雄
「不易流行」と観光
 梅川 智也
町村Navi
鹿児島県錦江町/「お試しサテライトオフィス」第2弾募集New!
徳島県石井町/ふるさと納税で移動図書館車を新調New!
富山県朝日町/町営バスの利用者増で好調New!
埼玉県横瀬町/西武ライオンズと連携協定を締結New!
福島県浪江町/災害公営住宅に太陽光パネル設置New!  
大分県玖珠町/障がい者が働くカフェ・レストランを整備