全国町村会

温泉煮詰めた「山塩」復活 

福島県北塩原村

福島県北塩原村や地元商工会などが、日本一高価と自負する「会津山塩」で地域おこしを進めている。村内の大塩裏磐梯(おおしおうらばんだい)温泉を煮詰めて作る古くからの製法を復活させたもので「まろやかで後味が甘い」と評判という。

価格は50グラム入りの瓶で700円と、高めの卓上塩の約3倍。釜で煮込んで天日干しにするなど、約1週間にわたる古来の製法を踏襲したほか、1日にくむ約500リットルの温泉から5キロほどしかできないためだ。

北塩原村商工会によると、この温泉からの塩作りは江戸時代などに盛んだったが、戦後の流通網の発達で内陸に塩が届くようになり中断。その後、商工会が特産品にしようと村に生産再開を提案し、2007年に地元の旅館経営者ら12人の出資で企業組合による生産を始めた。

会津山塩について、たばこと塩の博物館(東京)の高梨浩樹(たかなし・ひろき)学芸員(40)は「長時間の製法でできた大きな結晶が口の中でゆっくり溶けるため柔らかさが感じられるのでは」とし、北塩原村商工会の須藤仁一(すとう・じんいち)さん(52)は「村内の道の駅での売れ行きも良く、今後、生産量を増やし販路も広げたい」としている。

(2009/05/01 福島民報)

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
中芸の魅力強力発信 2/11から「ゆずFeS」 日本遺産でイベントNew!高知県奈半利町・田野町・
安田町・北川村・馬路村
相良村でラブ深めよう バレンタインイベントPRNew!熊本県相良村
三原村でユズの集荷がピーク “黄色い山”次々と高知県三原村
富士とコスモス競演山梨県忍野村
コラム
日本的農泊の構築New!
 岡崎 昌之
未来志向の「ネットワーク型村づくり」
 榊田 みどり
海辺の希望
 結城 登美雄
「不易流行」と観光
 梅川 智也
町村Navi
鹿児島県錦江町/「お試しサテライトオフィス」第2弾募集New!
徳島県石井町/ふるさと納税で移動図書館車を新調New!
富山県朝日町/町営バスの利用者増で好調New!
埼玉県横瀬町/西武ライオンズと連携協定を締結New!
福島県浪江町/災害公営住宅に太陽光パネル設置New!  
大分県玖珠町/障がい者が働くカフェ・レストランを整備