全国町村会

熊本県産山村/「あか牛」ブランド化に草原を活用

産山村は、阿蘇の地理的特性である草原を活かして、放牧による畜産業の新たな展開を実施。在来品種である通称「あか牛」のブランド化を推進する。

「あか牛」は、良質でヘルシーな赤身が特長の褐毛(あかげ)和種。気温の寒暖差に強く、草原での放牧に適した品種であるため、牛の体調の維持や改善、餌などのコストの削減が見込める。さらに、昨今の健康志向に、赤身が最大の特長であることが合致し、「あか牛」の人気が高まってきている。現況では、大都市圏の大手百貨店などで販売しているが、高級品として名高い黒毛和牛との差別化を図るなどして、販路を拡大したい考え。

今後、知名度がアップし、需要増となることを想定し、繁殖牛の飼育頭数を2019年度には約2倍の300頭に増やす予定という。また、酪農においても、全国に数百頭しかいないとされる乳牛「ブラウン・スイス」を育てており、乳製品の販売や新商品の開発も手掛けている。

2013年には、阿蘇の草原と農業が世界農業遺産に認定され、資源の有効活用及び農畜産業の活性化が課題となっていた。村は、放牧による畜産が、草原の景観保全や美観形成において重要な役割を果たしていると考え、「あか牛」の知名度アップ及び販路拡大によって、農畜産の6次産業化構築につなげていくと同時に、観光面でも阿蘇の自然をアピールしていければとしている。

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
三原村でユズの集荷がピーク “黄色い山”次々と高知県三原村
富士とコスモス競演山梨県忍野村
世界遺産?いいえ「世間遺産」 地域のシンボル、11件認定栃木県益子町
自然の中、アートを堪能 かみこあにプロジェクト開幕秋田県上小阿仁村
コラム
物語が生まれてこそNew!
 松本 克夫
地域小にして成り立つ民主政
 大森 彌
地域主義と田園回帰
 大江 正章
サラブレッドの故郷をつなぐ
 青山 佳世
町村Navi
熊本県相良村/若者をターゲットに「相良茶」をブランド化New!
鳥取県日南町/協議会設立で林業振興を推進New!
愛知県南知多町/高齢化対策に医療・介護のネットワーク導入New!
茨城県大子町/空き店舗の活用促進に補助金交付New!
北海道仁木町/セミナー開催でワインの産地をPRNew!  
熊本県あさぎり町/高校生開発のスイーツで「幸福カフェ」