全国町村会

熊本県産山村/「あか牛」ブランド化に草原を活用

産山村は、阿蘇の地理的特性である草原を活かして、放牧による畜産業の新たな展開を実施。在来品種である通称「あか牛」のブランド化を推進する。

「あか牛」は、良質でヘルシーな赤身が特長の褐毛(あかげ)和種。気温の寒暖差に強く、草原での放牧に適した品種であるため、牛の体調の維持や改善、餌などのコストの削減が見込める。さらに、昨今の健康志向に、赤身が最大の特長であることが合致し、「あか牛」の人気が高まってきている。現況では、大都市圏の大手百貨店などで販売しているが、高級品として名高い黒毛和牛との差別化を図るなどして、販路を拡大したい考え。

今後、知名度がアップし、需要増となることを想定し、繁殖牛の飼育頭数を2019年度には約2倍の300頭に増やす予定という。また、酪農においても、全国に数百頭しかいないとされる乳牛「ブラウン・スイス」を育てており、乳製品の販売や新商品の開発も手掛けている。

2013年には、阿蘇の草原と農業が世界農業遺産に認定され、資源の有効活用及び農畜産業の活性化が課題となっていた。村は、放牧による畜産が、草原の景観保全や美観形成において重要な役割を果たしていると考え、「あか牛」の知名度アップ及び販路拡大によって、農畜産の6次産業化構築につなげていくと同時に、観光面でも阿蘇の自然をアピールしていければとしている。

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
高知県中土佐町「かつお祭」に1.8万人 漁師町の味を堪能New!高知県中土佐町
茨城大と茨城町 「つと豆腐」次世代へ 作り方紹介、パンフ制作New!茨城県茨城町
神戸町観光の神アプリ カード入手で記念品New!岐阜県神戸町
眺め良し!料理良し! 東浜駅近くに瑞風レストラン鳥取県岩美町
コラム
山間地の地域力New!
 結城 登美雄
「旅」、そして「旅行」の効用を考える
 梅川 智也
「君は太平洋を見たか、僕は日本海が見たい」
 青山 佳世
荒涼たる風景?
 橋立 達夫
町村Navi
福岡県芦屋町/乳幼児向けのベビー用品を無料レンタルNew!
広島県神石高原町/町内でのタクシー利用の料金を一部負担New!
京都府和束町/観光振興を図るため農家民宿の開業を支援New!
新潟県刈羽村/車の安全装置取り付け促進に補助実施New!
茨城県東海村/3世帯の同居・近居に助成金New!  
熊本県産山村/「あか牛」ブランド化に草原を活用