全国町村会

原村 米粉元年
〜商品開発で消費拡大にも挑戦〜

  

米粉栽培に取り組む農家。省力化と低コスト化を実現する疎植栽培にも挑戦。


長野県原村

2685号(2009年7月6日)  農政係長 小林 正雄

自給率の向上を目指して米粉の栽培に着手

日本の食料自給率はカロリーベースで40%程度と低く、国民に食料を安定供給するためには、特に自給率の低い、麦、大豆、米粉、飼料用米等の生産拡大が重要になります。

反面主食用の米の自給率は100%に近く、現在約100万トンが備蓄され、引き続き政府が買い入れることは困難な状況となってきています。そのような中、単純に休耕するのではなく、自給率の低い作物を水田に作付ける取り組みとして、水田等有効活用促進対策事業がスタートしました。

該当作物は、小麦や大豆などですが、お米の新しい利用方法である米粉用米、飼料米なども対象となっています。 原村は、小麦や大豆を育てるのに適した環境にないため、米粉の栽培に取り組むことといたしました。

また米粉の栽培は転作カウントになります。原村の水稲栽培は、県より配分される作付枠を大幅に上回っているため、他地区より200tあまり作付けの枠を譲り受けています。枠を譲り受けるのもただというわけには行かず、購入分は産地づくり交付金よりまかなわれています。生産調整に取り組まない農家のペナルティーを、生産調整農家が負担するといった不公平感を何とか是正したい。このことも原村が米粉に取り組む要因となりました。

上に戻る

新規需要米の販売へ農協、製粉会社など7者が結束

毎年3月には水稲作付面積を農家にお聞きする「水稲作付け実施計画書」の配布を行なっておりますが、今年は、それと併せて「米粉栽培農家の募集」を配布しました。

主食用水稲は124,000円(諏訪管内 あきたこまち)ほどになりますが、米粉は一反歩あたり48,000円程度の収入にしかなりません。水田等有効活用促進交付金を加えても米粉の収入は100,000円程度です。取り組みを募集した当時は、誰も申し込まないだろうと思ったのですが、4名の方から応募がありました。応募された皆さんは、「生産調整を達成しておらず済まない思いをしていた。米で転作できるなら是非取り組みたい。」「金額は問題ではない。少しでも米の消費が拡大するなら、協力したい。」と話してくださいました。

5月18日、新規需要米(米粉)栽培調印式を原村役場で開催いたしました。当日は、米粉用水稲の栽培に取り組む4軒の農家、米粉を集荷するJA信州諏訪農協、米粉を製造する高山製粉、長野農政事務所、長野県、原村水田農業推進協議会、信州諏訪農協女性グループが出席しました。調印式では水田等有効活用促進対策事業を実施する際、要件となっている新規需要米の販売等に関する契約書を作成致しました。最後に新規需要米(米粉)栽培調印式の横断幕の下で、固い握手を交わしました。

その後補正予算で需要即応型水田農業確立事業が国会を通過し、さらに25,000円が米粉栽培農家に交付されることになりました。米粉の栽培により受け取れる金額は、主食用米並みになったわけです。生産調整に取り組む農家が、やってよかったと思える時が来たのです。水田協事務局としても、うれしい気持ちでそのことを栽培農家に伝えました。

4軒の農家が作付ける米粉用水稲の面積は約3.6ha、予定収量は21tとなります。製粉業者の需要は50tですので、まだ30tは受け入れが可能ということになります。

   

米粉の生産、販売に向けて関係者が結束

上に戻る

消費拡大に向けて農協女性部が商品開発に挑戦

ところで、米粉用の水稲も需要が無ければ生産しても価格は維持できません。栽培に併せて、米粉の需要の拡大に取り組む必要があります。6月11日には米粉の普及推進を図るJA信州諏訪農協女性部原ブロックの会員と関係者19人が、加工業者である高山製粉を視察しました。

高山製粉の高山猛英社長には昨年導入した製粉機について説明いただくと共に、米粉を使った味噌パンの試食を行ないました。米粉パンはモチモチした食感でこれから商品開発に挑戦する女性部にも好評でした。米粉は小麦に比べアレルギーが少ないこと、他の食材との相性もよく、パンだけではなくうどんやそうめん、ほうとうの原料にもなることも説明いただきました。女性部の会員からは、米粉の製粉機が野菜や果物の製粉にも利用できることを知り、原村の特産であるセロリの葉を粉にして麺に入れれば面白いのではないかとの意見も出されました。

21年度は産地確立交付金特別枠を利用して、米粉の消費拡大にも挑戦します。

平成21年は、原村にとって米粉栽培を始めた記念すべき年です。全国的に見ても前年度の18倍の作付けとなり、まさに米粉元年です。日本の風土は稲作に適しています。

米粉は日本の食料自給率を向上させ、生産調整を推進する新たな商品として注目を集めています。

   

もちもちした触感の米粉パンは農協女性部にも好評

   

原村の米粉生産は生産調整の救世主となるか

上に戻る

町村の取り組み
町村の先進的な取り組み事例を現場からレポートします
取り組み事例はこちら
ご当地キャラじまん
ご当地自慢の美味しいものや伝統行事を身にまとい、体を張ってPRしているご当地キャラ達を紹介します!
ご当地キャラはこちら!
復興だより
川俣シャモで元気を発信/福島県川俣町
「復興」で終わらせない/宮城県丸森町
楽しい集いを元気の源に/福島県葛尾村
宝の森で再興と復興を/岩手県住田町
まち・むらの宝
<観光・特産品情報>
中芸の魅力強力発信 2/11から「ゆずFeS」 日本遺産でイベントNew!高知県奈半利町・田野町・
安田町・北川村・馬路村
相良村でラブ深めよう バレンタインイベントPRNew!熊本県相良村
三原村でユズの集荷がピーク “黄色い山”次々と高知県三原村
富士とコスモス競演山梨県忍野村
コラム
日本的農泊の構築New!
 岡崎 昌之
未来志向の「ネットワーク型村づくり」
 榊田 みどり
海辺の希望
 結城 登美雄
「不易流行」と観光
 梅川 智也
町村Navi
鹿児島県錦江町/「お試しサテライトオフィス」第2弾募集New!
徳島県石井町/ふるさと納税で移動図書館車を新調New!
富山県朝日町/町営バスの利用者増で好調New!
埼玉県横瀬町/西武ライオンズと連携協定を締結New!
福島県浪江町/災害公営住宅に太陽光パネル設置New!  
大分県玖珠町/障がい者が働くカフェ・レストランを整備