全国町村会

面取り

読売新聞東京本社論説委員・コラム『編集手帳』執筆者 竹内 政明
(第2835号・平成25年4月1日)

料理に「面取り」という工程がある。野菜が煮崩れしないよう、切ったカドを薄くそぎ取ることをいう。

野菜に限るまい。組織のなかで、ときに人間も煮崩れする。新聞社に勤務した経験をお持ちの歌人、松村由利子さんに煮崩れの歌があった。

  

大きなる鍋の一つか会社とは煮崩れぬよう背筋を伸ばす

  

入社したときには胸に抱いていたはずの夢や、自分ならではの個性が、会社組織の大鍋にグツグツ煮られているうちにいつしか溶けだし、形をなくしていく。 歌われている「煮崩れ」とはそういうことだろう。

わざとカドを丸くすることで、カドを保護する。料理の「面取り」には、処世に転用できる知恵も含まれているようである。さあ、これが俺の個性だ、文句があるか…と 肩ひじを張っていては、かえって煮崩れてしまう。自分というものをほどほどに殺すことで、自分らしさの命脈を保つ。人間の場合は野菜以上に、包丁さばきがむずかしい。

若い人が社会に巣立つ春である。「団塊の世代」が大量に退職したあとを引き受け、いずれは鍋奉行として伝統の風味を受け継ぎもし、一新もする人たちだろう。ともあれ、 いい味に、と祈る。

鍋の中で背筋を伸ばしつづけるのも、それはそれで疲れるものである。勤め人の生態を詠んだ歌では、岡野弘彦さんの一首も胸にしみて忘れがたい。

    

人はみな悲しみの器。頭を垂りて心ただよふ夜の電車に

    

わが経験に照らせば、社会に出て知り合う人間の3人に1人は嫌なヤツだし、降りかかる出来事の2つに1つは理不尽である。愚痴をサカナに赤ちょうちんの苦い酒を飲み、 「バカヤロ…」とつぶやいては終電のつり革にすがって眠る。ときには、そういう夜もあるだろう。

執筆者一覧
 バックナンバー
青山 佳世
阿川 佐和子
今井 義典
梅川 智也
大江 正章
大森 彌
岡崎 昌之
小田切 徳美
加賀美 幸子
金澤 史男
木佐 茂男
木村 尚三郎
草柳 大蔵
榊田 みどり
坂本 誠
生源寺 眞一
竹内 政明
田嶋 義介
玉村 豊男
内貴 滋
西川 治
沼尾 波子
橋立 達夫
松本 克夫
宮口 侗廸
村上 和雄
山本 兼太郎
結城 登美雄