全国町村会

21世紀の錦の御旗は何か

評論家 草柳大蔵(第2295号・平成11年11月29日) 

大学生の学力低下が話題になっているが、論文やレポー25%中位50%下位25%という比率は、全国的にほぼ定着しているようだ。社会人の場合はどうだろうと友人と話しあったあと、私は生前の松下幸之助氏に伺ったことを思い出した。そのときの記録をひっくり返えしてみると「2・2・6」という数字が出てきた。いつも新しい考えや技術に挑戦している社員が20%、その連中を憧れの目で見て追随している者が20%、あとの60%はオミコシのまわりでウチワで煽いだり水をかけたりする連中だ、というのである。しかし、この比率を口にしたあと、松下氏は「だが、経営者にとってはこの60%が大事でっせ」と言った。どんな人でも生活の60%は環境に染まる、考え方・言葉づかい・身のこなし・酒の飲み方まで“職場風”になるものだから、これらの人が同調してくるような錦の御旗を揚げられるかどうか、それが経営者の正念場だ、というのである。

これは自治体の首長だって同じことだろう。かって錦の御旗はハコモノだったが、これからはソフトの時代だとは猫でも知っている。では、どんなソフトが町の“錦の御旗”になるのか。この議論は「地方分権」「町村合併」とあわせて慎重にそして真剣に議論しあう必要がある。いま、テーマごとに地域連合の形が進められているが、そのテーマに町村共通の「ソフト」が取り上げられてもいいだろう。

「ソフト」とは何か。「ソフトをデザインする」とは何か。5年前、東京でユネスコの大会がひらかれたとき、その事務局長だった哲学者のフェデリコ・マイヨールは「見えざるものを見る」ことがソフトのデザインであり、それに成功した者が「不可能を可能とする」といった。現代の「見えざるもの」の一つは「癒し」であるが、一般には「癒される」と受け身でとられていたものが、近頃は少人数の人たちが集って「癒す」空間を自立的に作りはじめた。自治体が助産婦役となって、“ヒール・タウン”を誕生させるのも充分に錦の御旗になりうると、私は思う。

執筆者一覧
 バックナンバー
青山 佳世
阿川 佐和子
今井 義典
梅川 智也
大江 正章
大森 彌
岡崎 昌之
小田切 徳美
加賀美 幸子
金澤 史男
木佐 茂男
木村 尚三郎
草柳 大蔵
榊田 みどり
坂本 誠
生源寺 眞一
竹内 政明
田嶋 義介
玉村 豊男
内貴 滋
西川 治
沼尾 波子
橋立 達夫
松本 克夫
宮口 侗廸
村上 和雄
山本 兼太郎
結城 登美雄