全国町村会

古典はいつも新しい

千葉市男女共同参画センター名誉館長・NHK番組キャスター 加賀美 幸子
(第2859号・平成25年11月4日)

放送で長年「古典」を原文で朗読し続けている。『万葉集』『源氏物語』『枕草子』『更級日記』『平家物語』『徒然草』等々。古典だからといって特別な読み方ではなく、 ごく自然に普通に声に出してみると、日本語の豊かな響きがそのまま伝わり、更に内容も解りやすくなる。

放送以外でも、様々な折に、古典を語り、古典を朗読しているが、「古典は難しい」と言いながら、多くの人が、古典の響きや古典のメッセージに改めて乗り出し、耳を傾ける姿にいつも気づかされる。

例えば吉田兼好の『徒然草』は…忙しく走り続ける世の中にこんなメッセージも届けてくれる。

「よろずのことは頼むべからず」…という二百十一段「…時の権勢があるからといっても、当てにしてはならない。強力なものはすぐ滅びる。財産が多いといっても当てにしてはならない。 たやすくたちまち失ってしまうものである。人の好意も頼ってはならない。その心は必ず変わる…(略)何事も頼りにしなければ、上手くいったときは喜び、そうでないときも恨むことはない。 更に、前後、左右に余裕を持つこと。狭いと身が砕け潰れてしまう。心もゆとりがないと、他と争ったりして自分を損なってしまう。ゆるやかにして、やわらかでいれば、 すこしも傷ついて失うことはないのである」…「(原文)ゆるくしてやはらかなるときは一毛も損ぜず」と。

鎌倉幕府が崩壊し、南北朝の動乱が始まるころ書かれたと言われる『徒然草』だが…今の時代に重なることがあまりにも多い。

何事も頼れない不確実な時代の中で、何が大事か…「心にゆとりを持ち、柔らかな心でいること」…それが何よりの生き方の鍵ではないか…と投げかけてくる。

見えない、分からない情勢…だからこそ、ゆとりをもって、世の中を見据え、考えてみる。忙しいからこそ、ゆとりが大事ではないか…吉田兼好はさりげなく伝えてくれる。『徒然草』全240段、 どの段にも生き方のメッセージが溢れている。古典はいつも新しい。

執筆者一覧
 バックナンバー
青山 佳世
阿川 佐和子
今井 義典
梅川 智也
大江 正章
大森 彌
岡崎 昌之
小田切 徳美
加賀美 幸子
金澤 史男
木佐 茂男
木村 尚三郎
草柳 大蔵
榊田 みどり
坂本 誠
生源寺 眞一
竹内 政明
田嶋 義介
玉村 豊男
内貴 滋
西川 治
沼尾 波子
橋立 達夫
松本 克夫
宮口 侗廸
村上 和雄
山本 兼太郎
結城 登美雄