全国町村会

平成26年度税制改正に関する要請活動を実施(9/25)

 全国町村会と全国市長会は9月25日、償却資産に係る固定資産税の堅持等、平成26年度税制改正の論点となっている事項について、要請活動を行いました。 本会からは藤原会長(長野県町村会長・川上村長)が参加しました。

 要請は、菅義偉内閣官房長官、新藤義孝総務大臣、石破茂自由民主党幹事長、山口那津男公明党代表、岡崎浩巳総務事務次官に対して行いました。 

 藤原会長からは、@「償却資産に係る固定資産税」について、市町村の基幹財源であり、現行制度を堅持すること。 A「車体課税の見直し」にあたっては、道路舗装率の低い町村にとっては貴重な財源であることから、安定的な代替財源を確保すること。 B「ゴルフ場利用税」は、ゴルフ場関連の道路の整備、排水対策等の財政需要に資する貴重な財源であることから、現行制度を堅持することを訴えました。  

 なお、経済対策の一環として前倒しで議論が進められていた「償却資産に係る固定資産税」については、 本会をはじめ地方側から『現行制度堅持』の要請が相次いだことを踏まえ、秋の税制改正で結論を得るのは難しいとして、引き続き検討することとなりました。

▲菅内閣官房長官(中央)

▲新藤総務大臣(中央)

▲石破自由民主党幹事長(右)

▲山口公明党代表(中央)

▲ 岡崎総務事務次官(左)

     
平成26年度税制改正に関する意見書 〈PDF〉   
【参考資料】平成26年度税制改正に関する意見の実現方 〈PDF〉

全国町村会の活動状況
バックナンバー
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
平成20年度
平成19年度
平成18年度
平成17年度
平成16年度
平成15年度
平成14年度
平成13年度
平成12年度