全国町村会

 

地方六団体代表が麻生総理などと会談
〜山本会長が町村の実情を訴える〜



 地方六団体の代表は、10月3日午後、総理大臣官邸を訪ね、麻生太郎内閣総理大臣、河村建夫内閣官房長官ら政府幹部と会談し、地方分権の推進と地方財政の充実確保などを求めました。
 本会からは山本文男会長(福岡県添田町長)が参加しました。

 このうち、麻生総理大臣との会談の中で、麻生渡全国知事会会長(福岡県知事)は、「地方税の減収補てん措置の速やかな実現を求める緊急申し入れ」を手交し、道路特定財源関連法案の成立の遅れによって生じた地方税等の656億円の歳入欠陥に対応するため、補正予算案と「地方税等減収補てん臨時交付金に関する法律案」の早期成立を図るよう求めました。
 これに対し、麻生総理大臣は、「地方のために最大限の努力をしていく」と述べ、法案成立に向けて地方側の協力を求めました。

 地方六団体代表は、このほか松本 純内閣官房副長官、鴻池祥肇同官房副長官、漆間巌同官房副長官らを訪ねました。
 一連の会談の中で、麻生会長は地方財政の窮状を強く訴え、地方交付税の増額・復元を要請しました。

 本会の山本会長は、「町村が良くなれば日本の国全体が良くなる。町村は原点だ。」などと述べ、町村への配慮が重要だと訴えました。
  

全国町村会の活動状況
バックナンバー
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
平成20年度
平成19年度
平成18年度
平成17年度
平成16年度
平成15年度
平成14年度
平成13年度
平成12年度