全国町村会

 

地方六団体代表が福田総理などと会談
〜山本会長が町村の実情を訴える〜



 地方六団体の代表は、10月4日午後、福田康夫内閣総理大臣、町村信孝内閣官房長官をはじめとした政府幹部のほか、新たに就任した自民党幹部らと会談し、地方分権改革のさらなる推進などを求めました。
 本会からは山本文男会長(福岡県添田町長)が参加し、厳しい状況にある町村への特段の配慮を強く要請しました。

  地方六団体代表は、総理大臣官邸に福田内閣総理大臣、町村内閣官房長官、大野松茂、岩城光英、二橋正弘の各内閣官房副長官を訪ね会談しました。

 このうち、福田総理大臣との会談で山本会長は、「いま、もっとも困っているのは町村であり、市町村合併でも苦慮した。小さな弱いところを助けなければ真の活性化にはつながらない。」などと述べ町村の実情を訴えました。

 

 

 

 

 


 これに対し福田総理大臣は、「経済合理性だけではやっていけないところもあり、どうやって丁寧に対応するかが課題である」とし、「地域活性化統合本部」(10月9日発足)を設置するなどと応えました。

 また、麻生渡全国知事会会長(福岡県知事)は、一連の会談の中で「分権の推進は活性化につながるが、現実に困っているのは地方交付税がこれまでに5.1兆円削減されたことであり、交付税の増額が必要であると」強調しました。さらに小泉内閣以来途絶えていた「国と地方の協議の場」の再開を強く求め、福田総理大臣、町村官房長官は再開に向け調整することを明言しました。

 このほか、自民党関係者では、伊吹文明幹事長、二階俊博総務会長、谷垣禎一政調会長、古賀誠選挙対策委員長、山崎正昭参議院幹事長、二田孝治団体総局長と会談しました。

 山本会長は、「地方は大変厳しいが、一番苦しいのは町村だ。町村を元気にしなければ国は繁栄しない」などと述べ、町村への配慮が重要だと訴えました。

 これに対し自民党の幹部は、地方の活性化、格差の是正が重要だと強調、今後も地方団体と一緒に頑張りたいなどと述べました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  

■内 閣■

 











 

 

 

 

 


▲町村官房長官













     

 

 

 

 

▲大野官房副長官













 

 

 

 

 


▲岩城官房副長官













     

 

 

 

 

▲二橋官房副長官



■自民党■













 

 

 

 

 


▲伊吹幹事長













      

 

 

 

 

▲二階総務会長













 

 

 

 

 


▲谷垣政調会長













  

 

 

 

 


▲古賀選挙対策委員長













 

 

 

 

 


▲二田団体総局長













   

 

 

 

 


▲山崎参議院幹事長


全国町村会の活動状況
バックナンバー
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
平成20年度
平成19年度
平成18年度
平成17年度
平成16年度
平成15年度
平成14年度
平成13年度
平成12年度