全国町村会

 

近藤副会長が自民党総務部会関係会議に出席



 全国町村会ほか、地方六団体は8月30日、自民党総務部会関係合同会議に出席、平成20年度予算の概算要求を控え地方側の要望事項を伝えました。
 本会からは近藤コ光副会長(愛知県幸田町長)が出席しました。

 合同会議でははじめに増田寛也総務大臣が「地域がもっと元気を出せるように、誠心誠意努めていきたい。地方が元気の出る、それが国の活力につながるような施策の実現に向けて、先頭に立って努力していく」と挨拶しました。
 引き続き、地方六団体を代表して福田富一栃木県知事が、第二期分権改革に向け、@地方税財源の充実強化、A国と地方の役割分担の見直しと併せた権限・事務・財源の移譲、B二重行政の解消による行政の簡素化、C「地方共有税」の導入、D「地方行財政会議」(仮称)の法律による設置−などの実現を要望しました。
 また、税源移譲が地域間格差を拡大させないために、偏在性が少ない地方消費税の充実を最優先した税体系の構築、地方交付税の総額確保と財源調整・財源保障機能の堅持についても要請しました。

全国町村会の活動状況
バックナンバー
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
平成20年度
平成19年度
平成18年度
平成17年度
平成16年度
平成15年度
平成14年度
平成13年度
平成12年度