全国町村会

自民党社会保障制度調査会医療委員会
青木副会長が医療保険制度改革で意見




 自由民主党の社会保障制度調査会医療委員会(鈴木俊一委員長)は、11月1日党本部で会合を開き、医療制度改革について、全国町村会をはじめ全国知事会、全国市長会からヒアリングを行いました。
 今回の会合は、去る10月19日厚生労働省が公表した「医療制度構造改革試案」について意見交換を行うため開かれたものです。
 全国町村会からは青木國太郎副会長(東京都日の出町長)が出席し、改革試案の内容などについて町村の立場から意見を述べました。
 青木副会長は、@給付と負担の公平を図るためかねてから医療保険制度の一本化を求めていること、A市町村が保険者となっている国民健康保険制度は破綻状況あること、B試案で示された後期高齢者医療保険(保険リスクの高い75歳以上をひとくくりに被保険者とすること)の創設は、財政状況の厳しい中、具体的な内容や財政影響がはっきりしない新たな制度を担うことになり、到底容認できない、などと述べました。

 


青木國太郎副会長(東京都日の出町長)

  

 

全国町村会の活動状況
バックナンバー
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
平成20年度
平成19年度
平成18年度
平成17年度
平成16年度
平成15年度
平成14年度
平成13年度
平成12年度