全国町村会

 

電波利用料の減免措置継続でパブリックコメントを提出

 全国町村会(山本文男会長・福岡県添田町長)は、8月24日町村が開設している電波利用料の減免措置の継続に関するパブリックコメントを総務省に提出しました。

PDF版 7.56KB

全行発第126号
平成16年8月24日

総務省総合通信基盤局
 電波部電波政策課 御中

                                   全 国 町 村 会  
                           会 長  山本 文男 


「電波有効利用政策研究会 電波利用料制部会 最終報告(案)」に対するパブリックコメントについて標記につきまして、下記のとおり意見書を提出いたします。


意 見 書

 現在、町村が開設している無線局は消防無線や防災行政無線であり、
これらは住民の生命、身体、財産の保護など、住民生活にとって不可欠
なものとなっている。

 このような極めて公共性の高い無線に対し電波利用料の減免措置を廃止することは、町村財政の負担増につながり、ひいては住民にとって不可欠な行政サービスの低下を招くことにもなりかねない。

 したがって、公共性の高い分野における電波利用料に新たな負担増となることのないよう十分なるご配慮をお願いするとともに、今後とも引き続き国や地方公共団体に対する電波利用料の減免措置を講じていただきたい。

                                        以 上

全国町村会の活動状況
バックナンバー
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
平成20年度
平成19年度
平成18年度
平成17年度
平成16年度
平成15年度
平成14年度
平成13年度
平成12年度